7月22日「海の日」。海の癒し効果を徹底分析!

7月21日は「海の日」。

梅雨明けの時期とも重なり、本格的な夏の始まりを知らせるという印象の日です。

日本は海に囲まれた島国。昔から「海」とは深い繋がりがあり、その恩恵も享受してきました。人々は「海」から多くのことを学び、癒され育まれてきたといっても過言ではありません。今回は、そんな「海の日」にちなんで、海が与える癒しの効果についてご紹介します。

海の日とは?日程や目的について

海の日とは、国民の祝日の一つです。

1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された海の日ですが、制定当初は7月20日でした。

しかし、2003年(平成15年)に改正されたハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日となったのです。

そして2021年は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会期間中の選手や観客の移動を輸送を円滑に行えるようにするため、開会式前日の7月22日に移動されることとなりました。

他にも、10月の第2月曜日の「スポーツの日」を7月23日に、8月11日の「山の日」をオリンピック閉会式である8月8日へと移動されています。

また、なぜ「海の日」が制定されたのか、その理由に関しては「海の恩恵に感謝をし、海に囲まれた日本の繁栄を願うため」とされています。国民に「海」に対する理解と認識を高めるために、日本各地で「海」に関連するお祭りやイベントが開催されるようになりました。

そして、国土交通省海事局を中心に7月1日~31日までの1か月を「海の月間」と定め、海に関連する環境保全や生態系を守るイベント「海フェスタ」などが実施されています。

海が与える癒しの効果とは?

青い海、さざめく波の音、塩の香り、どこまでも広がる水平線・・・

海を眺めると、心が晴れやかになる方も多いのではないでしょうか。

これは、人間の本能から湧き上がるものですが、海には様々な癒しの効果があります。

古代ギリシャ医学の祖・ヒポクラテスも海を治療に使っており、現代でも海洋療法・タラソテラピーは、先進国フランスでは一部保険適用もされています。

では、具体的に海にはどのような癒しの効果があるか、順番にご紹介していきましょう。

視覚的な効果について

まずは、色の効果について。

「海」といえば、真っ青な「青」が印象的。

「青」は爽快感や冷静さを与えます。鎮静作用により、精神的な安定感を取り戻す効果があります。心が落ち込んでいる時や、興奮状態にある時に心を鎮める効果があると言えます。また、内側に溜まった痛みや感情を解放してくれたり、浄化し、精神的なバランスと調和を整えるのに効果的です。

また、意識が散漫な時にも効果的。集中力や直観力を与えてくれるので、何かに行き詰った時に、海をしばらく眺めてみるのも良いのではないでしょうか。

そして2つ目が「水」の効果について。

人間は古来から水と深い関わりがあります。人間の体内も約7割が水分ということもあり、欠かせない存在と言えます。

そんな海の水のベールを眺めることで、心がリフレッシュする効果があると言われています。ウォーターベールは、人間の心身に癒しと安らぎを与え、爽快感を取り戻してくれます。

やる気が出ないときや心身が疲れた時に「海」をただ眺めるだけで活力を取り戻してくれるのでおすすめです。

音による癒しの効果について

打ち寄せる波の音にもヒーリング効果があります。

波の音は、お腹の中にいた時の母親の胎内で感じる音と似ていることから、体内回帰したような安心感を感じると言われています。

また、波の音は「1/fゆらぎ」という癒し効果の高い周波数を持っています。

マインドフルネスとは?

音には固有の周波数がありますが、「ゆらぎ」と「周波数」という2つの波形が、ほぼ反比例するものが「1/fゆらぎ」と言われています。波の音や川のせせらぎの音がこの代表的な音で、人間の身体のリズムとシンクロすることで深い安心感を得られると言われています。

なかなか海に行けない方は、自然界「1/fゆらぎ」の音が入ったヒーリングミュージックを聞いてみるのもいかがでしょうか。癒しの効果を体感することができます。

海水による癒しの効果について

地球の起源でもある海は生命エネルギーの宝庫です。

塩分を多く含む海水は、溶け込んでいるナトリウムやカルシウムなどのミネラル成分が体内に浸透し、疲労回復に大変効果的です。

また、海水の成分が母親の羊水に近いと言われていて、海水に浸ると生命誕生の起源に遡るという説もあります。

太陽や月のエネルギーをたっぷり吸収している海水は浄化作用が高く、ネガティブな感情やモヤモヤした気持ちをデトックスしてくれます。

海での浄化作用を高める方法としては、海の動きに身を任せること。

ダイビングやサーフィン・シュノーケリングなどのアクティビティーに参加するのもおすすめです。海中でのアクティビティーは、浮遊感や無重力感を感じるため心が安らぎます。そしてリラックス効果の高い副交感神経を優位にし、自律神経を整える効果が期待できると注目を集めています。また、心肺機能も向上するため、免疫力アップにも効果的です。

太陽・夕日のエネルギーによる癒しの効果について

海に行くと、普段よりも多く太陽の光を浴びるという方も多いのではないでしょうか。

日光浴にはストレス軽減効果が高く、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」という成分が脳から分泌されます。セロトニンは、自律神経を整える効果とともに、活力を与えてくれる役割があります。やる気の出ないとき、悩み事を抱えている、ストレスフルな状態の時は、日光浴だけでもおすすめです。

また、太陽の綺麗にみえる海では朝日や夕日にも癒しの効果があります。

オレンジや赤色にはエネルギーや活力を与える効果があり、心を元気にしてくれます。

波の音や海水でデトックスしたあとは、太陽のパワーでエネルギーを充電するのもおすすめ。

裸足による癒しの効果について

海に行くと、つい裸足になりたくなるもの。しかし、これにもヒーリング効果があります。

私たちの日常生活は、携帯電話やパソコンなど電化製品に触れる時間が多くなっています。電化製品の電磁波は体内に蓄積され、身体は荷電された状態になっています。

裸足になることで、身体に溜まった電磁波や静電気を砂浜に放電することができ、同時に大地から電子をもらうことができるのです。

自然の中で裸足で歩くことを「アーシング」と言い、カリフォルニア発の健康法として世界中注目されています。

また、裸足で歩くことで足裏に心地よい刺激があり、血行促進にも効果的。

海になかなか行けない方は、近くの公園で裸足で歩いてみるのも効果的です。

マインドフルネスとは?

ヒーリング効果の高い海での過ごし方6選

海がもたらす様々な癒しの効果をお伝えしてきましたが、具体的に海でどういった過ごし方をするのが癒し効果が高いのでしょうか。まとめてみました。

1. 海水浴・シュノーケリング・サーフィンなどのアクティビティー

海の癒しのエネルギーを全て享受するには、実際に海に入ることがおすすめです。

全身で海水のミネラル成分を感じるだけでなく、身近で波の音を聞いたり太陽の光を浴びることで心身のデトックスからエネルギーチャージまで行うことができます。

波のリズムに身を任せながら漂うことで、日ごろのストレスからも解放され心身ともにリフレッシュできるのではないでしょうか。

海水浴・シュノーケリング・サーフィンなどのアクティビティーは、気分を変えたい時やモヤモヤした気分を払拭したい時におすすめです。

2. 浜辺を散歩・ジョギングする

海水浴が難しい季節は、浜辺をゆっくり散歩したり軽いジョギングなどの軽い運動をすることもおすすめです。

ウォーキングや軽い運動を行うことで、普段より沢山の酸素を体に取り入れることができるため、脳が活性化し、リフレッシュすることができます。また、血行促進効果も期待でき、冷え性やむくみの改善にも効果的です。そして幸福感をもたらす「エンドルフィン」という脳内物質が分泌されたり、ストレスホルモンと言われる「コルチゾール」を低下させる効果があるといわれています。血圧や心拍を下げ、老化防止や肥満の改善にも効果的です。

波の音をBGMに行うことで、リラックス効果が期待できるだけでなく、太陽の光を存分に浴びながら行うことで新たな直観力も冴え、活力もみなぎってきます。

裸足で「アーシング」しながらウォーキングすれば、体内に溜まった老廃物を排出できるだけでなく、足裏を刺激することで脳への刺激も高まり、新たなアイデアやひらめきも生まれてくるでしょう。

浜辺でのウォーキングやジョギングは、精神的ストレスを抱えた時や、考えが行き詰った時、身体が重く感じた時などにおすすめです。

3. 浜辺でヨガや瞑想する

波の音を聞き、海を眺めながら行うヨガや瞑想は、最高のリラクゼーションです。

呼吸を一定に保つヨガの動きは、リラックスした時に働く副交感神経を優位にします。また、ヨガの動きは普段使わない筋肉を刺激するため脳を活性化することができます。そして運動不足解消にも繋がり、肩こりや腰痛の改善にも効果的です。

波の音には「1/fゆらぎ」効果も高いため、リラックス効果も高く、ヨガや瞑想を行うことで高ぶった精神を鎮静することができます。また、ウォーターベールを眺めながら行うことで爽快感や安心感を得ることができるので、リフレッシュ効果が高いと言えるでしょう。また、潮の香りは嗅覚を刺激します。匂いは脳の記憶を司る部分と直結しているため、生命誕生の起源を呼び起こすことができるかもしれません。

波の音・海の色・潮の香り・風の感触で五感を研ぎ澄まして行う瞑想は、自分の内側を客観的に内観することができます。ネガティブな感情を手放し、本来の自分に戻ることができ、新たなインスピレーションを享受することができるでしょう。

浜辺でのヨガや瞑想は、慌ただしい日常生活から離れ、自分自身とゆっくり対話をしたい時におすすめです。

4. 貝殻集めなどのビーチコーミングをする

ビーチコーミングとは、海岸に打ち上げられた漂流物を採集し、観察すること。

海岸には貝や流木、シーグラスなど、様々なものが打ちあげられています。それらを探し観察することで五感や好奇心を刺激し、脳が活性化します。カラフルな色の貝や外国からの漂流物に出会うことで、海と陸との繋がりを感じることが出来たり、日常で忘れかけていたような記憶を呼び覚ますことができるかもしれません。

童心に戻って様々な探求をすることで、潜在意識を刺激し、新たなアイデアやビジョンも浮かんでくるのではないでしょうか。どこから来たのかとなど漂流物への想いを巡らせることで、想像力が掻き立てられ、高揚感や期待感が高まるでしょう。

また、浜辺に落ちているゴミ拾いをすることで、浜辺を綺麗に保つことができます。ヨガでは「カルマヨガ」と呼ばれますが、善い行いをすることで幸せホルモン「セロトニン」が放出され、幸福感と満足感をえることができるでしょう。

ビーチコーミングは、想像力や直観力を高めたい方や幸福感を味わいたい方におすすめです。

しかし、場所によっては持ち帰りができない物もあるので、事前に確認してから行ってください。

7月22日「海の日」は海のヒーリング効果を取り入れよう!

いかがでしたか?海がもたらす癒しの効果は、とても沢山あります。

人類の原点でもある「海」のパワーを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

海になかなか行けないという方は、ヒーリングミュージックや動画をみたり写真集などを手にして見るのもおすすめ。忘れかけていた懐かしい記憶に出会うことができるかもしれません。

ぜひ「海の日」は、海の波の音を聞きながら、しばしゆっくりとした癒しの時間を設けてみてください。心身ともに深いリラクゼーションを味わうことがでいるでしょう。

コメントを残す