日本語

pexels-savanna-goldring-5412013 (1)

瞑想のメカニズムーストレスと瞑想ー

近年、瞑想がもたらすリラックス効果やマインドフルネスがストレスに与える影響について、広く知られるようになりました。皆さんの中にも、ストレス解消やリフレッシュ法として、日頃からマインドフル瞑想を取り入れているという方もいることでしょう。ですが、そもそもなぜ瞑想をするだけでストレス低減につながるのでしょうか?言われてみると分かりそうで分からない、瞑想とストレスの関係性についてご紹介します。

pexels-christiano-sinisterra-5197153 (1)

マインドフルネスを毎日の生活に取り入れよう

なぜ日常生活にマインドフルネスが必要なの?

最近、様々なところで「マインドフルネス」という言葉を耳にするようになってきました。マインドフルに食事をする、マインドフルに読書するなど、「マインドフル」という言葉は今やトレンドとして使われています。

しかし、このマインドフルネスを単なる “流行りの週末アクティビティ” にとどめてしまうのは非常にもったいないことです。日頃から積極的にマインドフルネスを取り入れて、私たちの生活そのものをよりバランスのとれた形へと進化させましょう。

sage-friedman-HS5CLnQbCOc-unsplash (1)

瞑想の効果はどのくらいで出ますか?

さて、あなたは初めての瞑想を終えました。瞑想のあと、どんな気分になりましたか?多くの人は、落ち着きや安らぎ、慈悲心の高まりなどを実感します。面白いことに、このような効果が外側からやってくることはありません。これらが起こるのは、私たちが心の奥底にしまっていたり、すでに忘れたりしていた感情や感覚を、瞑想が目覚めさせてくれるからです。私たちの脳は一日中忙しく働き続けています。朝目覚めた瞬間から慌ただしく活動が始まり、脳はすぐにギアをあげ、フルパワーで稼働します。脳疲労のレベルが高まると、その時々に「自分が今何を感じているのか」を忘れてしまうことがあります。感情が思考に遮られ、よく見えなくなってしまうのです。

pexels-prasanth-inturi-1051838 (1)

ストレスや不安がないのに瞑想するべき?

マインドフルネス瞑想が、ストレスの軽減や不安障害の緩和、アンガーマネジメントなどの効果があることは皆さんもご存知の通りです。では、ストレスや悩みがない場合にも瞑想を取り入れるメリットはあるのでしょうか?実際にあなたが今、仕事も家庭も順風満帆で、ストレスや悩み事など全くない生活を送っているとしたら、「全部上手くいっているのに瞑想する意味あるの?」こんな疑問が湧いてくるかもしれません。

ross-sneddon–_GA1e-813o-unsplash (1)

自慈心が教えてくれる「自分の愛し方」

思いやりという言葉は、温かさや柔らかさを連想させます。他人に手を差し伸べる、愛する人を慰める、または他人が辛い経験をしているのを見て、その人の痛みや悲しみを感じ取る、こんなシーンが頭に浮かぶかもしれません。思いやりとは私たちの行動の原動力になったり、他人との絆を深めたりできる、とてもパワフルな感情なのです。

wan-san-yip-L6qkLdlI5PI-unsplash (1)

あなたの ”瞑想できない理由” とは?

日常の中で気づきを得たり、呼吸や体に意識を向けたり…瞑想で行う一つ一つのアクションはとてもシンプルです。おそらく皆さんが苦労しているのは、瞑想の ”実践” ではなく、瞑想の ”継続” なのではないでしょうか。

elizabeth-tsung-eTQP4VxOVb8-unsplash-1

思いやりの心が「ありのまま」を受け入れる

皆さんは、他人の振る舞いに対して不満を感じたという経験はありますか?自分の生き方をなかなか認めてくれない家族や、お金や昇進しか頭にないような同僚、あるいは世界で起こっている政治的な問題の数々。

pexels-邱-韬-356269 (1)

瞑想の効果

めまぐるしい時代を生きる現代人は、絶えず何かを考えていて、脳を休める機会がほとんどありません。さらに、幼い頃から「理想の人生像」を周囲や社会から植えつけられ、多くの人々は妄信的にそのゴールに向かって生き急いでいます。

pexels-andrea-piacquadio-3760611 (1)

瞑想はいつ、どのくらいすればいいの?

マインドフルネス瞑想を始めるにあたって、まず皆さんがぶつかるのは「一体何分くらいすればいいのだろう?」という疑問ではないかと思います。最初にこの質問にお答えしてしまうと、「決まりはない」この一言につきます。マインドフルネスで大切なことは、いかに自分が意識を集中することができるかという点です。